心理カウンセラー◆近藤あきとし

訪問ありがとうございます。こちらは「カウンセリングサービス」所属
心理カウンセラー「近藤あきとし」のブログ/プロフィールページです。

カウンセリングサービス所属: こんどう あきとし(東京地区担当)

超自立男性との恋愛の悩み(失恋・浮気・片想い)、不倫・離婚・セックスレスなどのパートナーシップのご相談、また親子間の葛藤・母子癒着など家族関係にあらわれる問題の解消においてクライアントから非常に高い評価をいただいている。人生の問題を通してクライアントの心の奥深くに眠る「本来の願い」を掘り起こし、「癒し」を通して人生を切り拓く力、自己成長を力強くサポートしている。理論を駆使した「心理分析」と、感覚を活用する「セラピー(心理療法)」の両面で感情を癒すことを強みとしているカウンセラー。

自身の「うつ病」の回復過程でカウンセリングと出会い、人生の転機を得てカウンセラーへ転身。その実体験に基づくアドバイスの説得力から、「うつ」に悩む本人はもとよりその家族・援助者からも支援を求める声が集まっている。また自らの経験から、ハードワーク・燃え尽きの解消の為のアプローチに長けており、問題の泥沼から抜け出す為のサポートを提供し続けている。

親しみやすい人柄と面倒見の良さから、クライアントからは『頼れる先輩』のような印象を持たれることも多く、「少し先に立っていて導いてくれるガイドのような存在」・「いつも今いちばん大切なものは何かを教えてくれる人」などの声と共に全幅の信頼を寄せられている。実直で飾らない語り口と、穏やかで抑制のきいた「味のある声」に癒されているファンが実は多いらしい。


カテゴリ:▽無料相談コーナー

いつもありがとうございます。 心理カウンセラーの近藤あきとしです。 「罪悪感」があると、私たちは周りの人と距離を置こうとします。 自分には人を愛する資格はないと思い込んでしまうんですね。 そして「自分は猛毒だ」感じることもあります。 ...

愛情には『誰かからもらう愛情』と『誰かに与える愛情』の2つがあります。 もらう愛情は、もらえなくなってしまったと感じた瞬間に消えて無くなったように感じます。 しかし、与える愛情というのは、私たちが与えることを止めるまで無くなることはありません。 だから愛情を与える人には幸せな状態が続くんですね。 ...

豊かな感受性ゆえに、恐怖を感じた心を抱えきれず 自分自身から切り離そうとしてしまうことが、 恐怖症のひとつの捉え方かもしれません。 でも一人では抱えきれない感情でも、 誰かとだったら支えることもできます。 怖さに向き合い、その中に飛び込んでこそ その感情のもたらしている本当の意味(プロセス)を 理解して受け入れることができるのです。 ...

4月15日に【無料相談コーナー】へお寄せいただいたご相談への近藤からの回答です。 みなさんの今の問題と向き合うためのヒントになれば幸いです。 今回のご相談 「何もできない、何も無い」 : ジャンル(分からない) (回答本文はリンク先記事をご覧ください。) ...

別れたパートナーへの想いが、私たちの胸に いつまでも悲しみと後悔を残しているとき、 その痛みを取り除けるのは前のパートナーだけ だと思ってしまうことは誰しも経験があると思います。 しかし、実はその相手に執着している分だけ、 私たちの心の痛みはより強くなってしまうものなんですね。 ...

私たちの心は様々な性質を持っています。 そのひとつに「自分の心が感じていることを、周りも同じように感じているはず」 と思ってしまうというモノがあるんですね(投影といいます)。 例えば、みなさんが自分を嫌っていたら、心の中では 犹笋私を嫌ってるんだから、みんなも私のこと嫌いなんでしょ” と感じてしまうので、人に近づくことが怖くなったり、自分がダメだからだと 自己嫌悪してしまうんですね。 でも、それが 犹笋私をこんなにも好きでいるんだから、きっとみんなも私が好きよね” と感じてしまうように書き換えられるとしたら、どうしますか? そのために一番大切なことが【自分との◎◎を守る】こと、なんですね。 ...

自分の中に、何かを「怖がっている私」がいるとき、 さまざまな出来事や特定の状況などの刺激に 自分でも思いもよらない反応が出てしまうことがあります。 そんなときは、まず「私自身」のことを理解していくこと から始めていくといいと思います。 ...

いじめを受けたり、優秀な兄弟たちと比較されたり、 何度も親にダメ出しをされるといったことを経験して、 ・他人を怖いと感じたり ・誰にも心を開けないと感じたり ・自分は本当にダメ人間なんじゃないか という思い込みに苦しめられている人は少なくないのではないでしょうか? ...

私たちは、“周りからどう見られているだろう? 相手から嫌われてないかな?” と感じていると、周りからの視点で自分を見てしまうことがあります。 周りの目とか、社会の目にいつも見られている気持ちになるんです。 すると、自分自身の周囲はポッカリと空間が空いたように感じて、 その中心にたった一人自分がいるような感覚がしてしまうんですね。 ...

私たちは周りと自分を比べて落ち込んでいる時、 無意識のうちにしていることがあります。 それは“他人の良いところ”と“自分の出来てないところ” を比べてしまうということなのです。 みなさんがこれまで様々な場面で劣等感を感じてきたとしたら、 必ず自分が負けてしまう比較をする罠にハマっているのかもしれません。 ...

「問題の影には才能がある」という格言が心理学にはあります。 できれば才能だけもらいたいところですが、けっこうな度合いで 問題がセットでついてきてしまうようです^^; しかし、みなさんにとっての本質的な才能を受け取り発揮できた時に、 目の前の問題も悩みも気がついたら消えていたことに気づけるでしょう ...

「どうしていつも私ばかり辛い目に遭わなくてはいけないんだろう?」 そんな誰にも理解してもらえてない苦しみを感じるとき、 私たちは周りに誰もいない孤独の世界に入ってしまいます。 時には誰かのせいにしたり、環境など自分の外に原因を見つけて そこに怒りをぶつけてしまうことも少なくないでしょう。 しかし怒りはとても強い感情ですので、 無意識的に抑え込んでしまうと、自分が本当は何を感じていたのか、 本当はどうしたかったのかを見失ってしまうこともあるのです。 自分が自分をどう扱ってあげたいか?に気づくことが大切なんですね。 ...

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 私たちの恋愛にさまざまな影響を及ぼしているのが 子供時代の異性の親との関係だったりするんです。 と言っても、ピンとこない方も多いかもしれません。 でも、「お母さん(お父さん)からもらえなかったモノを 彼女(彼)からもらおうとしたけど、いつも手に入らなかった」 心の奥でそんなことを感じながら、無意識のうちにパートナーに 要求をしてきていたとしたら、これまでなぜか上手くいかなかった 恋愛の理由が分かるかもしれません。 ...

↑このページのトップヘ