心理カウンセラー◆近藤あきとし

訪問ありがとうございます。こちらは「カウンセリングサービス」所属
心理カウンセラー「近藤あきとし」のブログ/プロフィールページです。

カウンセリングサービス所属: こんどう あきとし(東京地区担当)

超自立男性との恋愛の悩み(失恋・浮気・片想い)、不倫・離婚・セックスレスなどのパートナーシップのご相談、また親子間の葛藤・母子癒着など家族関係にあらわれる問題の解消においてクライアントから非常に高い評価をいただいている。人生の問題を通してクライアントの心の奥深くに眠る「本来の願い」を掘り起こし、「癒し」を通して人生を切り拓く力、自己成長を力強くサポートしている。理論を駆使した「心理分析」と、感覚を活用する「セラピー(心理療法)」の両面で感情を癒すことを強みとしているカウンセラー。

自身の「うつ病」の回復過程でカウンセリングと出会い、人生の転機を得てカウンセラーへ転身。その実体験に基づくアドバイスの説得力から、「うつ」に悩む本人はもとよりその家族・援助者からも支援を求める声が集まっている。また自らの経験から、ハードワーク・燃え尽きの解消の為のアプローチに長けており、問題の泥沼から抜け出す為のサポートを提供し続けている。

親しみやすい人柄と面倒見の良さから、クライアントからは『頼れる先輩』のような印象を持たれることも多く、「少し先に立っていて導いてくれるガイドのような存在」・「いつも今いちばん大切なものは何かを教えてくれる人」などの声と共に全幅の信頼を寄せられている。実直で飾らない語り口と、穏やかで抑制のきいた「味のある声」に癒されているファンが実は多いらしい。


カテゴリ:▼近藤の執筆したモノ

もし今パートナーがいる方の中に 「今まではすごく仲が良かったけど、どうしてか最近は、以前ほど愛情を感じられない感じがしてきた・・・」 という状況で悩んでいる方がいるとしたら、今日の記事はとても役に立つはずです。 ...

皆さんも、恋愛やパートナーシップで、何をしてもうまくいかなかった時期ってなかったでしょうか? でも、なんだか分からないけど、ある時期を越えると良いタイミングで物事が動いたり、自然とうまくいってしまうという体験を何度か経験すると、人生の流れのようなものを感じられたりします。 ...

カウンセリングへ来られるクライアントさんの中には、恋愛・仕事など、様々なジャンルで同じパターンの問題にぶつかったり、失敗したりして、 「次は失敗しないようにしないと。もう無駄な時間は過ごしたくないんです。」 そんな気持ちを打ち明けてくれることは少なくありません。 ...

会社が退屈でつまらない。仕事がマンネリになって楽しくないと感じている時。 本当の目的は、職場をつまらない場所にすることで、次のステップへ進むことへの恐れを感じないようにしているのかもしれません。 だとすれば、あなたが欲しいものを周りに与えることが抜け出すカギになります。 ...

1、パートナーと結婚についての話はできるけど、返事がハッキリしない 2、結婚の話をすることすらできない この2つの状況に共通するのは、どちらも「相手次第」になっていることです。 本当の問題は彼が言ってくれないことではなく、彼次第にしてしまっていることかもしれないのです。 ...

カウンセリングを通してわかってきたのはパートナーシップで起こるケンカの多くは、 「悪いのはパートナーの方で、正しいのは私!」 という前提からやってくるということです。 なぜかパートナーに対してだけは、私たちは根拠のない自信を持てたり、強気になってしまうみたいですね。 ...

同じパートナーとやり直してみたものの、以前と同じ問題が繰り返されてしまうのには、注目すべきポイントがいくつかあります。 前回は代表的な3つのポイントのうち【1】についてお話しましたので、今回は残りの【2】と、【3】について解説していきたいと思います。 ...

「色々あって別れたけど、そのパートナーともう一度やり直す」という選択をすることがありますよね。 ただ、やり直した後には以前と同じ問題で悩んでまた別れる人と、その問題を乗り越えて以前よりも幸せになっている人と、2つのタイプのカップルに分かれてしまうようです。 ...

超自立男性の中には、「何よりも大切なことは誰からもバカにされないようになること。二度と惨めな思いをしなくていいようになること。」そんな生き方をポリシーにしている人が少なくありません。 すると彼らは、高学歴・社会的な地位・収入の多さ・持ち物(ブランド品、服や靴、高級家電、家など…)・肉体的な強さ、などを求めていくようになります。 ...

ダメンズとの関係で、これまでに挙げたパターンには共通して見られることがあります。 それは、どれも彼に与えることで自分の心を満たそうとしている点です。 つまり、彼の方はあなたのお世話を求めてくる、自分(あなた)は与えたい。いちおうお互いのニーズは噛み合うので与えがいを感じられますが、これは真実ではないんですね。 ...

先日あるクライアントさんから、こんな質問を受けました。 「いわゆる『だめんず』とばかり付きあっている女性には、そういう男性を選んでしまう心理パターンがあるのでしょうか?」 カウンセリングでも、なぜか『だめんず』ばかり好きになってしまうというお話は良く伺います。 ...

前回の記事では、 私たちには「幸せを受けとることへの抵抗」があるということ、 その抵抗はパートナーからの愛を感じれば感じるほど大きくなっていき、時には目の前の幸せよりも今まで通りでい続けることを選んでしまうこともある、ということをお話しました。 ...

「好き」という素直な気持ちを取り戻したい 恋愛がしたいなと思って素敵な人と出会ったのに、なぜか恋愛感情としての「好き」が感じられない。 「私って好きになりにくいのかな?」そう感じると余計に焦ってしまいそうです。 でもそこにはちゃんと理由があるんです。異性の親との関係を見直すことで、あなたの「好き」を取り戻しましょう。 ...

最近のパートナーシップに関するカウンセリングの傾向は、「幸せを受けとることへの抵抗を癒す」だったように感じます。 パートナーとの関係が良くなっていくと、当然2人の距離感も近づきますよね。 ただ、その一方で、過去に同じくらい近い距離にいた人との関係で感じた心の傷も同時に浮かび上がってきます。 ...

突然ですが、皆さんは誰かから「あなたは人の気持ちが分かってない!」とか、「人の気持ちを考えたことあるの?」なんて言われたことはありますか? ちなみに私はあります^^; たしか会社員のころに同僚からと、昔のおつきあいしていたパートナーから言われたことを覚えています。 今思い出すと、確かに昔の私は人の気持ちを考えるのは本当に苦手でした。そんな人でも今はカウンセラーをしていられるので、意識次第でどうにでもなるみたいです。 ...

皆さんは全然タイプも性格も違うパートナー同士のカップルを見たことは無いでしょうか? たとえば片方はアウトドアが好きだけど、もう片方はインドア派とか。あるいは彼氏が感情的で寂しがりだけど、彼女の方はどっしり落ち着いていて一人でも平気なタイプなど。 どうやら私たちは、自分が持っていない要素をパートナーを通して手に入れようとするところがあるらしいんですね。 ...

好きな人に告白するのは誰でも勇気が要りますよね。 せっかく思いを寄せている人がいても、いつも告白せずに恋愛が終わってしまう。そんなパターンを繰り返してしまう人も少なからずいます。 どうしたら上手くいかない恋愛のパターンを変えられるのか?そこに隠れた心理も含めて解説します。 ...

↑このページのトップヘ