心理カウンセラー◆近藤あきとし

訪問ありがとうございます。こちらは「カウンセリングサービス」所属
心理カウンセラー「近藤あきとし」のブログ/プロフィールページです。

カウンセリングサービス所属: こんどう あきとし(東京地区担当)

超自立男性との恋愛の悩み(失恋・浮気・片想い)、不倫・離婚・セックスレスなどのパートナーシップのご相談、また親子間の葛藤・母子癒着など家族関係にあらわれる問題の解消においてクライアントから非常に高い評価をいただいている。人生の問題を通してクライアントの心の奥深くに眠る「本来の願い」を掘り起こし、「癒し」を通して人生を切り拓く力、自己成長を力強くサポートしている。理論を駆使した「心理分析」と、感覚を活用する「セラピー(心理療法)」の両面で感情を癒すことを強みとしているカウンセラー。

自身の「うつ病」の回復過程でカウンセリングと出会い、人生の転機を得てカウンセラーへ転身。その実体験に基づくアドバイスの説得力から、「うつ」に悩む本人はもとよりその家族・援助者からも支援を求める声が集まっている。また自らの経験から、ハードワーク・燃え尽きの解消の為のアプローチに長けており、問題の泥沼から抜け出す為のサポートを提供し続けている。

親しみやすい人柄と面倒見の良さから、クライアントからは『頼れる先輩』のような印象を持たれることも多く、「少し先に立っていて導いてくれるガイドのような存在」・「いつも今いちばん大切なものは何かを教えてくれる人」などの声と共に全幅の信頼を寄せられている。実直で飾らない語り口と、穏やかで抑制のきいた「味のある声」に癒されているファンが実は多いらしい。


カテゴリ:▼心理学連載シリーズ

昨日は拍手コメントからたくさんのバースデーメッセージをいただき ありがとうございました^^ 個別のお返事にかえて、こちらで皆さまへのお礼とさせていただきます。 毎年何人かのかたから送られてくることはあったのですが、 今年はたくさんの方からいただけて、びっくりしましたが、とても嬉しいです。 ...

あなた自身の奥底にあるものを見つめてみると、 本当に大切にしたい人を大切にできます。 大事なモノを大事にあつかうことができます。 今日は、人生の意味・目的を目に見える形にしてみましょう。 あなたの心の真ん中にある「芯」をしっかりと定めて、「自分らしく」イキイキと生きるために。 あなたは、あなたにしかできないことをするために、生まれてきたのですから。 ...

いつもありがとうございます。 心理カウンセラーの近藤あきとしです。 このシリーズは本当は7日の更新のはずが、一日遅れてしまいました^^; 楽しみにされていた方、すみませんでした。 今日は「自分らしさを見つけるためのリストをつくる」シリーズの第10回をおとどけします。 ...

自分が本当は何を求めているのか、自分の手で書き出してみること、自分に問いかけること、時間をとってじっくり考えてみること。 そして自分の心と向き合い、自分の本来の望みを知ることから始めてみるといいと思います。 ...

五感の感受性を磨くというのは、毎日の誰かとの出会いや身の周りに起こるモノゴトの微妙な変化や繊細な美しさに気づく感度をあげることで、あなたの幸せの感度があがることにつながる、ということなんです。 より多くの楽しみや喜びを受け取れれば、その分だけ、今よりももっとイキイキとした時間を過ごせますよ。 ...

私たちには本来、人生を美しいものにするだけの感性がそなわっています。 でもその感性をフルに活用するには、まずみなさんにとって「美しい生き方、美しい世界」とはどういったものなのかを、自ら知るところから始めることが必要なんですね。 ...

 ※前回までの記事第1回 誕生日にやってみたこと 〜“二度とやりたくないこと”リストを作る〜第2回 「これがわたし!」を感じられるリストをつくる第3回 「相手の魅力は自分の魅力」〜あなたの周りの人たちの魅力リストを作る〜第4回 影響された人物(モデル)は誰で ...

今日は「自分らしさ」を見つけるためのリストをつくるシリーズの第4回をお送りします。 あなたは子どもの頃になりたかった憧れの人は誰でしたか? ああなりたいと夢見ていたヒーロー・ヒロインはどんな存在だったでしょうか? 私は子どもの頃に夢見ていたことは【仮面ライダー】か【ウルトラマン】になることでした。 ...

今日は「自分らしさ」を見つけるためのリストをつくるシリーズの第3回をお送りします。 第1回 誕生日にやってみたこと 〜“二度とやりたくないこと”リストを作る〜 第2回 「これがわたし!」を感じられるリストをつくる。 あなたの周りの人たちを見て感じる「良いところ・長所・魅力」は、あなた自身の魅力です。 と言ったら、どう思いますか? ...

日曜日に投稿した記事『「これがわたし!」を感じられるリストを作る。』 http://blog.livedoor.jp/cs_akitoshi/archives/65858669.html の実践編で、 書き出していく項目に「自分らしいと思えるもの」をあげておきましたが、 さらに「自分らしくないと思うもの」も書いてみてください。 ...

いつもありがとうございます。心理カウンセラーの近藤あきとしです。昨日お知らせした通り、今日はより自分らしさというものに気づくための「これがわたし!」と感じられるリストをつくってみます。友だちや周りの人から「それって、あなたらしいね」と言われると何だか嬉し ...

ちょうど1ヶ月前の私の誕生日にブログに書いてみたものです。 2014年8月7日 ●誕生日にやってみたこと〜“二度とやりたくないこと”リストを作る〜 http://blog.livedoor.jp/cs_akitoshi/archives/65856066.html この記事では、自分の価値観を知りそれに沿って生きることが、幸せへの近道になることをお伝えしました。 ...

昨日の記事まで、5回に渡って2014年2月11日に開催されました、東京カウンセラーズ・フェスタで講演させていただいた、『最高の恋愛は最高の癒し(ヒーリング)』の内容をお送りしてきました。 今回はさらに母子癒着を掘り下げ、どのように切り離していくかについてお届けしていこうと思います。 ...

いつもブログをお読みいただき、ありがとうございます。 心理カウンセラーの近藤あきとしです。 2014年2月11日に開催されました、 東京カウンセラーズ・フェスタで講演させていただいた 『最高の恋愛は最高の癒し(ヒーリング)』の内容を 5回(4月17日〜21日)にわたってお送りしたいと思います。 ...

前回(第21回)は癒着(母子癒着)についての記事を書きました。 母親が子供と自分の感情の境目が分からなくなり、子供の感じている 感情を自分のものとして感じてしまったり、子供を一人の人間として 認めることができずに自分自身と思って扱ってしまうことを 母子の間における心理的「癒着」としてお話をさせていただきました。 今回はどうして子供をそんな風にあつかってしまうのか? 母親側の心理についての解説をしてみたいと思います。 ...

前回(第20回)の記事に対して、みなさんから たくさんのコメントを送っていただきました。 ありがとうございました。 なかでも、 「記事に書いてあった母娘の話は、私の家と一緒です」 というメッセージを何通もいただきました。 カウンセリングをしていても、女性のお客さまから 母親からの過保護・過干渉で自分の意思を持てなかったという お話を伺うことは少なくないんですね。 ...

以前、10月28日に更新した第10回の記事で、 なぜうつの本人に「頑張って」と言ってはいけないのか? という内容で執筆しました。 今回は、その他にもこんな関わり方はプレッシャーを与えたり、 傷つけてしまうことがありえる、という環境について書いてみたいと思います。 ...

もしかしたら私たちが不幸でいること、問題を持ち続けることで 誰かに復讐をしているかもしれない。 と言ったら、ちょっとドキッ!としてしまうかもしれませんね。 私が心理学の道へ入り、勉強をしていく中で 今あげた言葉をトレーナーから言われた時に 一番苦しかった時、問題を抱えていた頃心の底では どんなことを考えていたかな?と思い返してみたことがありました。 ...

昨日の記事の続きになります。 私がなんとなく調子が良くないときに、どんなことを心がけて日々を過ごし、 また良くなったり悪くなったりする調子の波と付き合っていく為に、 どのように自分自身を見ているのかを、ご紹介していきますね。 私が心がけていること、それは「セルフモニタリング」といって、 自分の調子の波を自分で観察し感じて、今の自分がどんな調子なのかを 把握するということです。 ...

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 心理カウンセラーの近藤あきとしです。 最近はスケジュールのご案内や、アメブロの転載記事のご紹介ばかりで こうして連載記事を書くのは、すっかり久しぶりになってしまいました。 というのも、夏場あたりから仕事が急に忙しくなったせいか、 ここ1ヶ月ほどだいぶエネルギーが落ちていた感じだったんです。 カウンセリングをしている時は問題は無いのですが、 デスクに座ってブログ記事を書こうとすると、集中することが難しく感じて モヤモヤした気持ちになってしまい、言葉が上手く出てこないような状態でした。 ...

今現在、うつ病の方が家族やパートナーにいる人たちにとって 最も辛いことというのは、以前のように元気になってくれるのか? このままだと将来どうなるのか?などの不安を常に感じながら支えてい くことの苦しさだけでなく、「自分にはしてあげられることがない」 ような気がしてしまうことかもしれません。 うつの本人はずっと布団の中で寝ているだけで、ひきこもってしまい 依然とは人が違ったような様子になって、行動、言動、態度が変わってしまう。 周りとしてはそこに戸惑うということもありますが、外見は普通と変わらず なんとも無く見えるのに、病人として扱ってあげないといけないという 不条理にも似た感覚を覚えながらの看病には、なかなか納得がいかないことも 多いはずです。 ...

カウンセリングをしていると、クライアントが慢性的な問題に悩んでいる時に そもそもその前提として、「誤った思い込み」を抱え続けているが故に いつまでも同じ問題を抱え続けていた、というケースに出会うことが良くあります。 「自分には、○○(お金・才能・チャンスなど)が無いから無理だ」 とか、 「私には助けてくれる人が一人もいないから」 「今の状況(または相手)が変わらない限りどうにもならない」 と言って諦めてしまったり、いつの間にか自分で制限を生み出したり 勝手に孤独になっている、という思い込みを作ってしまうことで、 上手くいかない人生に自分自身を縛りつけてしまうと、どんどん苦しい 方向へ向かってしまうでしょう。 ...

昨日のカウンセリングサービス感謝祭へお越しいただいたみなさま、ありがとうございました。 本当に沢山のお客さまにお越しいただくことができたことを嬉しく思っています。 みなさんにお話を聞いてみると、初めて感謝祭に来てみたという方がとても多い印象でした。 それだけ多くの方が、カウンセラーや心の問題への関心を持ってくださっているということを 感じることができました。本当にありがとうございました。 またお会いできる機会を楽しみにしています!! では今回の記事をお送りします。 と言いたいところですが、ブログへ投稿しようと思って今気づいたのですが 締切を1週まちがえてました^^; 感謝祭のことで頭がいっぱいだったのか、先週更新することをキレイに忘れてました いつも読んでくださっているみなさんすみませんでした<(_ _)> ...

↑このページのトップヘ